2016年03月27日

Windows 10 でDVDが再生できなくて驚いた

ある DVD video メディアを、 Windows 10 搭載のPCに繋いだDVDドライブに入れた。WindowsではDVDやCDは自動再生する物なので、勝手に再生が始まるかと思っていたら、ストアアプリで再生用アプリを探すか確認するウィンドウが表示されて驚いた。ウィンドウには「DVDムービーに対して行う操作を選んでください。」という指示と、「新しいDVDアプリを検索」「何もしない」という選択肢が表示されている。 Windows XP の頃は、特に何もしなくても、 Windows Media Player で再生されたと記憶していたのだが……

ストアアプリで探してみると、MS謹製のDVD再生アプリが在る。ただし有料(1500円)。

なるほど、ここでピンと来た。DVDの再生にはライセンスの締結が必要で、それには高いライセンス料が必要だった筈だ。「 Windows XP の時にはDVDが再生できた」というのは、その頃はWindows開発元のMSがライセンス料を払っていたという事。欧米では映像の流通媒体として物理メディアは絶滅危惧種だというし、日本人の私だってDVDで映像を観る事は極稀。ライセンス料はWindowsの代金にも影響を与える訳で、MSがWindowsの標準状態でのDVD再生サポートを止めたとしても、何ら不思議ではない。

ちょっと驚いたけどね。

とはいえ、「極稀」とはいえDVDを再生したい事は有る訳で、今から見るつもりだった、このDVDをどうしようかという話になる。先に挙げたMS製アプリを購入するのが一番確実なんだろうが、今後どれだけ在るか分からないDVD再生の機会の為に1500円も払うのは抵抗が有る。

調べてみると、 VLC media player でDVDを再生させる事が出来るという。

VideoLANのサイトから 「VLC for Windows」のインストーラをダウンロードし……

インストーラを実行してインストールして……

VLC media player を実行し、「メディア」メニューの「ディスクを開く」から再生できた。

一つ注意点。Windows用のVLCには 「VLC for Windows Store」 という別バージョンも存在する。先の 「VLC for Windows」 が従来のデスクトップアプリなのに対し、こちらは Windows 8 以降用のModernなアプリ。ただし、こちらは(この記事執筆時点の最新版であるバージョン1.8.5では)DVDの再生に対応していない。アプリストアで入手できるのはこちら。こいつがDVD再生に対応すれば便利なんだけどね。

DVDの再生にはライセンスの締結が必要
正確には、ディスクに書かれたデータを解釈する「MPEG-2」という規格についてのライセンス。
posted by 天井冴太 at 10:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2015年12月23日

Windows 10 で、一部アプリが起動しなかったりストアアプリのアップデートが出来なくなっていた件を解決した

持ち運び出来るサブPCとして Surface Pro 3 を使っている。OSは Windows 10 にアップデート済み。この環境で、何時からか様々なトラブルが発生するようになってしまった。あくまでサブPCで常用している訳ではないので、具体的に何時からかは分からないが。

具体的な症状は以下の通り。

  • ストアアプリのアップデートが出来ない(進捗状況が0%から進まない)。
  • 一部のアプリが起動できない(あんまり色々とアプリを入れている訳ではないので確証は持てないが、恐らくMS製のストアアプリ。他社製品はどうかは分からない。デスクトップアプリについては問題なし)。
  • Windows Defender の自動更新が途中で止まる。
続きを読む
posted by 天井冴太 at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2015年11月24日

使えなくなったPCを無料で引き取ってもらった話

3月までは外出先で使う端末としてASUS社の EeePC S101 を使っていた。発売後ちょっとぐらいに購入したので、およそ4年半くらい使っていた計算になる。それ位経てば彼方此方にガタがくるものらしく、騙し騙し使っていたが遂に騙しきれなくなり Microsoft社の Surface Pro 3 を購入、EeePCは棚の奥に仕舞い込まれる事となった。

それから暫く経って、久方ぶりに引っ張りだしてみると……何やら様子がおかしい。よくよく見てみるとバッテリーが膨らんでいた。

写真は膨らんだバッテリーを撮影した物。本来ならば薄い板状なので、机の上に置いても隙間が生じる事はない筈なのだが、この写真では端の方が浮いているのが分かる。バッテリーの中央部分が膨張している所為だ。

このようなバッテリーは危険だ。かなり前の話だが、Apple社のiPhoneのバッテリーが膨張、爆発し、持ち主が火傷を負ったという事故があった。これは恐ろしい。可能の限り早く始末してしまわねば。

しかし、PCはゴミに出しては拙かったような気がする……問題なかったとしても、万一ゴミ収集車の中で爆発なんて事になったらヤバそうだ。PCを郵送したら回収処分してくれる業者が居ると聞いた事もあるが、同様の理由で避けたい所。

どうにかならないかとググってみると、店舗に直接持ち込める回収業者が在る事に気づいた。今回はメディエイター社のパソコン回収市場を利用させてもらった。店舗(パソコン市場)の場所が近かったので。曰く、故障した物でも無料で引き取ってくれるらしい。webサイトの説明に拠ると、使える部品を取り出し再利用する事で利益を得る仕組みらしい。所謂「都市鉱山」って奴なのだろうか?

本当に「故障したPCも無料で回収する」のか、ビクビクしながら持って行ってみたが、拍子抜けするぐらい簡単に引き取ってもらえた。特に今回はバッテリーの膨張の件が有るし、「ごめんなさい」される可能性も考えていたが、それも杞憂に終わった。身元を証明する物(運転免許証とか)の確認とか、氏名や連絡先を書類に書く必要は在ったが、これはどんなPCの時もやる内容だろう。正直、此方の負担が無いのが何やら申し訳なく感じてしまうぐらいだった。

もし注意すべき点が在るとしたら、情報漏洩の可能性だろうか。webサイトにはソフトウェア的なデータ消去は行うと書かれてはいるが。メディエイター社を疑っている訳ではなく、一般論として。中古ショップの携帯電話から、削除された筈のデータを読み出せたという話も聞いた事がある。各々で専用のソフトを用いて、データを読み出せない状態にしてから持ち込んだ方が精神衛生上良いのかもしれない。

Apple社のiPhoneのバッテリーが膨張、爆発し、持ち主が火傷を負ったという事故

例えば以下の記事。私が見たのは別の事件の物だが、読んだのは結構前の事なので、今となっては何処の記事かは分からない。

iPhone爆発で負傷、スクリーンの破片が目に 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

タグ:PC hardware
posted by 天井冴太 at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2015年06月07日

Yahoo! Pipes が終了するそうで

Yahoo Pipes Blog - Pipes End-of-life Announcement

As of August 30th 2015, users will no longer be able to create new Pipes. The Pipes team will keep the infrastructure running until end of September 30th 2015 in a read-only mode.

8月30日以降、新規のPipeを作る事が出来なくなり、9月30日に完全終了と。

うーん、困った。便利に使ってたんだけどな……ブックマーク棚卸しネタとか。

というか……

You can download your Pipe definition by specifying your Pipe-ID (_id) and the output format (_out=json) to the following end-point: http://pipes.yahoo.com/pipes/pipe.info

Pipeの内容ってテキストでエクスポート出来たのね。知らなかった。という事は、GitはじめVCSで管理出来たという事か。今更知っても、どうしようもない気がするけど……

しかし本当にどうしたものか……

タグ:Yahoo!_Pipes tool
posted by 天井冴太 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2015年05月06日

FriendFeedが何時の間にか終わってた

最近、自作blogパーツのffbadgeがちゃんと動いてないなー、おかしいなーと思っていたが、情報取得元であるFriendFeedがサービス終了していた。

FriendFeed Blog

FriendFeed was shut down on April 9, 2015.

一時期は「ポストTwitter」と持て囃され、所謂インフルエンサーな方々が絶賛するblogエントリを書いていた程だというのに、その最期は寂しいものだ。簡単にググってみた範囲では、どうやら誰もFriendFeedの終了を記事にしてないようだ。

因みに、サービス終了を知らせるメールとかは来なかった。メールアドレスの登録は要ったと思うのだが……(終了してしまったので、最早、確かめる術は無いが)

FriendFeedはFacebookに買収されてから、特に機能追加等もされず、ずーっと「そのまま」の状態を維持して(させられて?)いた。対比の対象であったTwitterは、数在る買収のオファーを悉く蹴ったという。もし、FriendFeedが買収に「うん」と言っていなかったとしたら、どうなっていただろう。評判通り、Twitterを超えるサービスに成長していたのだろうか。そういう「if」を、どうしても想像してしまう。

誰もFriendFeedの終了を記事にしてないようだ
日本語での話。英語は調べてない。
タグ:FriendFeed
posted by 天井冴太 at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2015年03月09日

Gnome 3 で使っている拡張機能一覧

最近、自宅PCOSとして Fedora 21 を使っている。で、それのデフォルトのデスクトップ環境が GNOME 3 。全く不満点が無いとは言わないが、よく出来ていると思う。

さて、 Gnome 3 は拡張機能で、その機能を拡張できる。いくつか利用しているが、以前、Fedoraの再インストールをした際に、入れていた拡張機能を探し出すのに難儀したので、備忘録代わりに以下にリストアップしておく。いや流石に入れてる奴の名前まで憶えないし。

AlternateTab
Alt+Tabキーでアクティブなウィンドウを切り替える事が出来る(Windowsにも有るアレ)が、Gnomeのデフォルトでは、同じアプリのウィンドウは一纏めにされるので、アプリを選ぶ→ウィンドウを選ぶと二度手間。それをウィンドウ毎(Windowsの奴と同じ仕様)に変更する。
Hibernate status button
Gnomeのステータスバー(画面上部の「アクティビティ」とか在る奴)の右上から開くステータスメニュー。PCの電源オフにするボタンは其処に在るが、休止状態にする為のボタンをその横に追加する。いや、休止状態便利なんですって。
System-monitor
ステータスバー上に、CPU使用率やらディスク使用量やら、その他諸々の情報を表示させる。CPU使用率とメモリ使用量、CPUの温度を表示させるのに使っている。

後、 User themes ってのが在って使ってみたいんだけど、肝心のテーマを何処から手に入れればいいのか、よく分からない。

因みに、拡張機能を使うにはgnome-tweak-toolが要るっぽい。 yum install gnome-tweak-tool

posted by 天井冴太 at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2014年03月20日

さようならSugarSync、今まで有り難う。さようn……あ、あれ?

私はクラウド経由でのファイル同期にSugarSyncの無料プランを使っていた。類似他社サービスと異なり、同期対象となるフォルダの場所、そして数さえも好きに選べるので重宝していた。そんなSugarSyncが2014年2月8日から完全有料化する事をアナウンスしたのが2013年12月

こりゃイカンという事で、代替サービスを探して移行。その後すっかり忘れて放置していた。

時は過ぎ去り2014年3月19日。何故か未だに私のSugarSyncアカウントは生きている。
SugarSyncのhistoryページを見ると、今日も昨日も同期が働いている事が分かる。

「SugarSync有料制移行」と言っても、日本国内展開を請け負っているBBソフトサービス曰く、「ウチ経由でアカウント取った人は引き続き無料で使えるよ」との事だったが、私がSugarSyncのアカウント取ったのは日本展開始まるずっと前で、BBソフトサービスの言う判別法を信頼するならば、有料制移行対象のアカウントの筈なのだが。BBソフトサービスによると、SugarSyncのupgradeページの値段の単位がドルだと米SugarSync社で直接取ったアカウント、円だとBBソフトサービス経由だという。私のアカウントではドル表記になっている。

さてはて、これはどうした物だろう。ほったらかしておいても問題ないのかな……?

代替サービスを探して移行
これについては今度紹介記事を書く予定。
タグ:sugarsync
posted by 天井冴太 at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2014年03月17日

FriendFeedって何時まで生きていられるんだろう

昨日、自作FriendFeedウィゲットの「ffbadge」を更新した。実に2年ぶり。初版公開は5年前か。今見ると非常に未熟なコードで、全面的に書き直したいとも思う。一部、完全に変えないと拙い点もあるし。

しかし、正直そのモチベーションが沸かない。というのも、FriendFeedは既に何年もの間、ただ「サービスが存続している」以外の動きがない状態だからだ。公式blogだって2009年8月13日を最後に更新がない。一時は「ポストTwitterか」とまで言われていたのに。Facebookに買収されてからダメダメになってしまった印象。

つまり、「何時死んでも(サービス終了しても)おかしくない」状態がずっと続いている。ffbadgeの大規模な改修中に死ぬかも知れないし、公開した次の瞬間に死ぬかも知れない。ffbadgeはFriendFeedの情報を表示する物なので、FriendFeedと一蓮托生の運命にある。いっそ同等のwebサービスを自作、運営する方が、まだ有意義なようにも思える。無茶苦茶大変だろうけど。

FriendFeedは、他SNSのフィードを取り込むだけではなく、投稿も出来るようになればストリームブラウザとして化けると思ってたんだけどなぁ。

posted by 天井冴太 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2014年01月25日

「あわせて読みたい」が機能していない

blogでも導入しているが、「あわせて読みたい」というブログパーツがある。そのblogの読者が他にどのようなblogを読んでいるかを表示する物だ。

しかし、どうもまともに動いていないらしい。

続きを読む
posted by 天井冴太 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2013年09月17日

情報の紛失と、情報を保持するという事の重要性について

以下、「NOT FOUND」を読んでの感想をつれづれと。

突然、昔どっかの2chまとめサイトで読んだ『甘い玉子焼き』の話を読み返したくなったんだ。

で、ググったわけ。『玉子焼き 2ch いい話』とかで。

そしたら、見つからないの。

いや、正確に言うと、最初の部分はすぐに見つかった。
http://1yoshi.zero-city.com/html/imototamago.htm

でも完結編がね、どうしても見つからない。

でね、この件に限らず思うのは、インターネットって便利だけど、不便だなぁって。

昔のニュースが読めなくなってるのは仕方ないとしても(残ってたらいいのになぁ、とは思うけど)
昨日まで見れたものが、次の日にはなくなってたりする。

『続きは有料会員の方のみ閲覧できます』ってなってたりするところも多い。

はてブで特定のタグを人気順に並び替えて順に見ていこうとすると、見れないサイトの数に愕然とする。

そりゃ、仕組み上、どうにもならない部分もあったり 有料会員云々については、そうやって小銭を稼いでるんだろうし、仕方ないのかもしれないけど、 もうちょっとなんとかなればいいんじゃないかなぁ、と単純に思うんだ。

はてブにしても、見れないサイトのコメントだけ残っててもしょうがないじゃん。

逆にそういうのを結果から除外できるようになれば、とも思うけど、それじゃ本末転倒だしなぁ。

そうやって、跡地だけが残って、必要な情報が埋もれていく。

続きを読む
タグ:web Information
posted by 天井冴太 at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2013年06月16日

Windows用パッケージ管理システムの「Chocolatey」が良い感じ

Windows用のパッケージ管理システム「Chocolatey」が結構良い感じだ。

パッケージ管理システムとは

UnixやLinuxといったOS(或いはそのディストリビューション)では、各種ソフトの導入や削除、更新に専用のソフトウェアを用いる。そのソフトウェアの事をパッケージ管理システムと呼ぶ。例えば、portsYumAPT等といった物が有名だ。

パッケージ管理システムから導入したソフトは、同システムを用いる事で一括更新する事が可能だ。わざわざ各ソフトの更新を自分で調べる必要はない。コマンド一つや4〜5クリックぐらいの手間で、簡単に最新のソフトを導入する事が出来る。入手したいソフトが別のソフトに依存していた場合は、自動的にその依存先ソフトも導入してくれる。定期的に自動実行するようにしておけば、ソフトウェアの更新作業から完全に解放される事も夢ではない。

Windowsには多種多様なオンラインソフトが存在し、それこそがWindowsの価値となっているが、パッケージ管理システムは長らく存在しなかった(少なくともメジャーな存在としては)。

Chocolatey

ChocolateyはWindows用のパッケージ管理システムだ。主に開発用ツールが登録されているようだが、非開発者にも有用なソフトも多い。具体的にどのようなソフトが登録されているかは、"Chocolatey Gallery | Packages"で確認出来る。

続きを読む
タグ:tool Chocolatey
posted by 天井冴太 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2013年06月07日

Google+のフィードを1列表示に戻す

少し前のアップデートで、複数列で表示するようになったGoogle+。実はこれ、以前のような1列での表示に変える(戻す)事が出来る。

ページ上部の"More"をクリックし、出てきたメニューの下部、"Stream Layout"で右側のボタンを押す事で、1列の表示に切り替える事が出来る(ボタンの文句は、言語設定を英語にした時の物)。勿論、左側は複数列表示に切り替えるボタンだ。

複数列表示の方が一覧性が高まるんだけど、各投稿の時系列が把握しにくくなるんだよね。Google+はキーボードショートカットが実装されていて、K/Jキーで直前/直後の投稿に移動出来るんだけど、複数列表示方式だと予想と違う投稿に移動する事があって微妙にストレスが溜まる……

一列表示方式だと、横幅が広いウィンドウで見た時に左右の余白が気になる。まぁ、この手のストリームに流れるのは大体短文だろうし、あまり横幅広げても見にくくなるだけだろうけど。

タグ:Google+ SNS tips
posted by 天井冴太 at 03:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2013年04月23日

blogのテーマなんて決めるな

Blog Marketing Up Close Blue Pen Graphic
Blog Marketing Up Close Blue Pen Graphic | Flickr - Photo Sharing!

どうせやるならブログじゃなくてメディアをやれ」には以下のように書かれている。

たまに新参ブロガーが「ブログのネタがない」とかボヤいてますが、ブログのテーマが決まっていればネタがない、なんてことはないんですよ。ネタがないように思えてしまうのは書くことが定まってないからです。

んなこたない。

もし、あなたが何らかのblogを始めようと考えているのならば、特に、これまでにまとまった文章を書いた事が殆ど無いというならば、悪い事は言わない。先ずはテーマなんて決めずにblogを始める事を薦める

続きを読む
タグ:blog
posted by 天井冴太 at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2013年03月29日

VimでMetaキーを使った key mapping には注意が必要

テキストエディタVimで key mapping (キーボードショートカット)を設定する際の注意点について。

以下、全て Caps Lock はオフという前提で。

例えば、以下の2つの:mapは同じ挙動となる。

:map <C-a> :echo "hogehoge"<CR>
:map <C-A> :echo "hogehoge"<CR>

<C-A>はあくまで Ctrl+A であって、 Ctrl+Shift+A ではない。

しかし、以下の2つの:mapは同じ挙動にはならない

:map <M-a> :echo "hogehoge"<CR>
:map <M-A> :echo "hogehoge"<CR>

前者の"a"は「小文字のa」だが、後者の"A"は「大文字のA」。

なので例えば、以下2つの:map実行後、 Ctrl+a は"hogehoge"ではなく"fugafuga"を出力する。1つめのmappingを2つめの物で上書きする事になるからだ。

:map <C-a> :echo "hogehoge"<CR>
:map <C-A> :echo "fugafuga"<CR>

それに対し、以下2つの:map実行後、 Meta+a は"hogehoge"を、 Meta+Shift+a は"fugafuga"を出力する。別のmappingと認識されるからだ。

:map <M-a> :echo "hogehoge"<CR>
:map <M-A> :echo "fugafuga"<CR>

分かりづらい……

参照

gvim on windows does not accept alt modifier key

(多分)日本人同士で英語で会話するというのも何か変な気分だ。英語のMLなのでそうなるんだけど。

Meta(キー)

だいたいAltキーの事。

":help meta" を参照。

タグ:vim tips
posted by 天井冴太 at 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2013年03月06日

Windows Live Messenger と Skype のアカウントを統合する

Skypeとメッセンジャーが一緒になります〜次の章へ〜 |

Windowsデスクトップ上でのメッセンジャーからSkypeへのアップグレードは、4月8日に始まり*、プロセスは数週間で完了します。まずは英語圏の皆様からアップグレードを開始し、ブラジリアン・ポルトガル語を最後に、4月30日を目処に終了します。

具体的に日本は何時なのかというのが不明だが、4月8日だと仮定してあと1ヶ月。

アカウント統合しても問題は無いのか? 例えば Windows Live Messenger (以下Messengerと記す) と音声通話出来ないとか、Skype側にMessengerの連絡先がインポートされないとか、或いはSkypeの連絡先がMessengerの連絡先で上書きされてしまうとか。……と心配で、今まで延ばし延ばしで居た。

しかし、いい加減統合しないと拙い気がしてきたので、えいやっと処理する事にした。

さて、「統合しよう」と思い立ったのは良いのだが、その手段がハッキリせず、やや面食らった。メニューや設定ダイアログにもそれらしい物は見当たらなかったので。

以下、SkypeとMessengerのアカウント統合手段を記す。「あれ、統合ってどうやれば良いんだ?」という人の助けとなれば幸いである。

続きを読む
posted by 天井冴太 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2012年12月31日

Vimperator Advent Calendar 2012が終了しての所感

去る25日でVimperator Advent Calendar 2012が終了した。

Advent Calendarを企画するのは……というか、イベント企画するの自体初めてだったのだが、意外と何とかなるものだ。

Advent Calendar始動前後は果たして参加者が集まるかとドキドキし、始動後は参加者が増えないものか、自分は何を書くかでドキドキし、担当日は今日中に記事をアップ出来るかドキドキして結局遅刻したり(すみません)。

Advent Calendarで本来必要な25人の参加者を集められず、皆が2周目以降の記事を書いてくれるかどうかも不安材料だったが、快く引き受けて貰えたのは嬉しい誤算だった。「坊さんさえ走り回る」というこの年の瀬に、2周目3周目はやはりお願いしにくいからね。

迷惑をかけた面も在るかと思うが、他の参加者の記事は参考になったし、やってよかったと思う。

参加者の皆様、そして記事閲覧者の皆様も、どうも有り難う御座いました!

posted by 天井冴太 at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2012年12月22日

このVim plugin達に感謝しなければ年を越せない!私が今年使い倒した2012年のベストを全部ご紹介!

この記事は、Vim Advent Calendar 2012の21日目の記事となる。昨日(20日目)はchikatoike氏のVimGolfでハイスコアを取ったらトップの人のコメントが見れた話 - ゆり日記だった。


なんやかんやの間に「今年」も残すところあと10日(何……だと……?)。そろそろ今年1年の締めくくり、行く年に感謝を来る年に期待を。そう、Vimのpluginにもね。

以下、私が今年1年世話になったVim pluginを10個紹介する。明日(22日)から1日1個試していけば、丁度今年中に全pluginを確認出来るという寸法である。

なお、各pluginの紹介文の最後には、そのpluginを導入する為の:NeoBundleコマンドを記述している(ただしneobundle.vim以外)ので、気になるpluginが在ったら是非利用して頂きたい。

因みに、タイトルはこのWEBサービスやアプリ達に感謝しなければ年を越せない!僕が今年使い倒した2012年のベストを全部ご紹介! | バンクーバーのうぇぶ屋のパクりである。


neobundle.vim

neobundle.vimはVimのpluginを管理するpluginだ。

昨今のVim pluginには複数ファイルに渡る大規模な物が増えてきた。いや、例え小規模であろうとドキュメントを用意した途端にファイルは複数になる。古き良きVimオリジナルのplugin管理(所定のフォルダにファイルを突っ込む)は単純だが、その管理コストは膨大だ。導入はまだ良い。削除はどうする?そのpluginを構成するファイルを一つずつちまちま消していくのか?更新は?10のpluginを導入しているなら、10の公開ページで更新を目視確認してダウンロード、「このファイルはこのフォルダ、そのファイルはあのフォルダ」と手でコピーしていくのか?

そこでneobundle.vim。pluginの導入、更新、削除コストを大幅に小さくしてくれる。

neobundle.vim自体の導入は簡単。neobundle.vim自体を導入するフォルダを作り、そこにShougo/neobundle.vim ・ GitHubのautoload,docフォルダとそれらのフォルダ内のファイルをコピー(README.mdに在るようにgit cloneするか、ページ上方の"ZIP"リンクから圧縮ファイルを入手しそれを展開する)。なお、neobundle.vimはGit(場合によってはそれ以外のVCSも)が必要なので、前もってインストールしておく必要が有る。後は以下をあなたの.vimrcに追記すればよい。
set nocompatible
if has('vim_starting')
	set runtimepath+=(neobundle.vim導入先フォルダ)
endif
call neobundle#rc(expand('(plugin導入先フォルダ)'))

" ここに:NeoBundleコマンドを列挙していく(後述)

filetype plugin indent on

新規にpluginを導入するには:NeoBundle:NeoBundleInstallを使う。

導入したいplugin名を:NeoBundleで指定し、:NeoBundleInstallでインストールする。

例えば、vim.orgに公開されている"A"及び"B"というpluginを導入する場合は以下の3コマンドを行う。

:NeoBundle 'A'	" Aを導入しますよ、という宣言
:NeoBundle 'B'	" Bを導入しますよ、という宣言
:NeoBundleInstall	" 今まで:NeoBundleされてきたpluginを全てダウンロード&インストール

昨今増えてきたGitHub上で公開されているpluginは、:NeoBundleの引数を'(開発者名)/(plugin名)'の形式で記述する事で導入出来る。

導入したpluginが気に入り、継続して使っていきたいと思ったならば、.vimrcでneobundle#rc():callした後にそのplugin用の:NeoBundleコマンドを追記すればよい。

pluginの削除には:NeoBundleCleanを用いる。

先ず.vimrcから削除したいplugin用の:NeoBundleを削除、次いで起動したVimで:NeoBundleCleanを行う。

なお、:NeoBundleCleanしない限り、プラグインのファイルは読み込まれなくなるだけで物理的に削除される訳ではないので、:NeoBundle行の削除(コメントアウト)は一時的にそのpluginを無効化する手段としても有用である。

pluginの更新には:NeoBundleUpdateを用いる。

:NeoBundleUpdateを行うと、現在導入されている(=:NeoBundleされている)全pluginの更新を自動判別、古ければ自動更新される。

neobundle.vim単独でも使う事は出来るが、後述するvimprocと併用する事を薦める。同時インストール/更新、コマンドプロンプトウィンドウの表示を抑制する事が出来るようになる。

eregex.vim

Vimの検索では正規表現を使う事が出来る。しかしその正規表現にはVim独特な部分が多く、Perl等で正規表現を学んだ者には絶え間ない苦痛を与える事となる(特に"\"の必要な機会の多さといったら!)。

eregex.vimを導入する事で、Perl/Ruby風の正規表現を使う事が出来るようになる。

とは言え、Vimの検索/置換処理をそのまま置き換えたりする訳ではなく、専用のコマンドを提供するだけなので注意が必要である。

Vimのコマンドとeregex.vimで提供されるコマンドの対応は次の通り。

Vimeregex.vim
/:M/
:substitute:S
:global:G

:NeoBundleコマンド

:NeoBundle 'othree/eregex.vim'

excitetranslate-vim

VISUAL modeで選択した範囲の文章をエキサイト 翻訳で翻訳、その結果を新規ウィンドウに表示するpluginだ。

グローバル化が叫ばれる昨今、英語の能力の重要性は日増しに高まっている。日本語話者の肩身は狭くなるばかりだ。幸い、web上にはオンライン機械翻訳ツールが公開されているので、それを利用する事で自分の英語スキルを(ある程度は)カバーする事が出来る。

このpluginを導入し、翻訳したい文章を選択した上で:Excitetranslate。英語の文章を日本語に、或いは日本語の文章を英語に翻訳した結果を確認出来る。

なお、このpluginを利用する為には、別にwebapi-vimというpluginも必要である。

:NeoBundleコマンド

:NeoBundle 'mattn/excitetranslate-vim', {'depends': 'mattn/webapi-vim'}

open-browser.vim

今はweb全盛時代である。URLが書かれたテキストファイルに触れる機会も多い。そうなると当然、「ファイル中に書かれたURLに素早くアクセスしたい」という欲求が発生する。open-browser.vimはそれを叶えてくれるpluginだ。

例えば以下のkey mappingをしておけば、カーソル下のURLが指すwebページを既定のブラウザで開く事が出来る。

nmap gW <Plug>(openbrowser-open)

:NeoBundleコマンド

:NeoBundle 'tyru/open-browser.vim'

qtmplsel.vim

新規ファイルを作った際に、そのファイルのテンプレートとなる内容を半自動入力出来るようにするpluginだ。

新規のファイルを作る時に、必ず入力する内容という物は無いだろうか。例えばHTML文書であれば<html>,<head>,<title>,<script>,<link>,<body>……これらを毎回入力するのは手間であるし、何よりも時間の無駄だ。

任意のフォルダにテンプレートの内容を記したファイルを格納し、以下の設定を行えば利用可能になる。新規ファイルの編集を開始した際に、そのfiletypeに関連づけられた拡張子を付けられたテンプレートが一覧表示される。

let g:qts_templatedir='(テンプレートファイル格納先フォルダ)'

テンプレート入力用pluginは幾つも在るが、qtmplsel.vimが秀でているのは、1つのfiletypeに複数のテンプレートを登録出来る点だ。例えば一概に「HTML文書」と言っても、そのバージョンでテンプレートとしたい内容は異なる。HTML5用、XHTML1.1用、HTML4.1Strict用……など、複数のテンプレートを用意し、適切に使い分ける事が可能だ。

:NeoBundleコマンド

:NeoBundle 'qtmplsel.vim'
str2htmlentity.vim

選択範囲中の特定の文字を、HTMLの文字実体参照に変換したり、またその逆に文字実体参照を実際の文字へ逆変換出来るようにする。

HTML文章中では、特定の文字を記述する事が出来ない。例えば「<」や「&」等がそれに当たる。ではそれらを使いたい場合にはどうするかというと、その文字を示す特定のキーワードを替わりに記述する事になる。先程の例だとそれぞれ「&lt;」「&amp;」となる。

変換を行いたい範囲を選択した後に、:Str2HtmlEntityで文字参照へ、:Entity2HtmlStringでその逆の変換を行う。

これもまた、当blogの記述で重宝しているpluginである。

vim-alignta

文字列の整形を簡単に行えるようにするplugin。

プレーンテキストといえど、整形し読みやすくする気遣いは必要である。

例えば、以下のようなリストを、

Chrome http://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/browser/
Firefox http://www.mozilla.jp/firefox/
Internet Explorer http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/download-ie
Opera http://jp.opera.com/
Safari http://www.apple.com/jp/safari/

以下のように読みやすく綺麗に並べたいとする。

Chrome            http://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/browser/
Firefox           http://www.mozilla.jp/firefox/
Internet Explorer http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/download-ie
Opera             http://jp.opera.com/
Safari            http://www.apple.com/jp/safari/

1行ずつ手作業で空白文字を追加していく事も勿論可能だが、このpluginを使えば、範囲選択後に以下のコマンド1つで簡単に位置を揃える事が出来る。

:'<,'>Alignta http.*$

:NeoBundleコマンド

:NeoBundle 'h1mesuke/vim-alignta'

vimproc

Vimで非同期処理を可能とするplugin。

非同期処理とは簡単にいえば、「複数の処理を同時に行う」事である。前述したneobundle.vim等で真価を発揮する、縁の下の力持ちである。

:NeoBundleコマンド

:NeoBundle 'Shougo/vimproc'

vim-ref

Vim上から任意のドキュメントを参照出来るようにするplugin。

特に各プログラミング言語のリファレンスマニュアルの参照に有効であるが、プログラマでない人にも、任意のテキストブラウザを導入の上で、添付されているwebdictを用いると有用であろう(:help ref-webdict)。
例えばテキストファイル中の英単語の意味をオンラインの辞書で調べたり……;-P

:NeoBundleコマンド

:NeoBundle 'thinca/vim-ref'

vim-surround

「()」や「""」などの、「文字列を囲う記号」の操作を可能とするpluginである。

例えば、「"Vim is the best text editor."」の両端の「"」記号を消すには、NORMAL mode下で対象の文字列内の何処かにカーソルを移動させて「ds"」、「()」に変更する事場合は「cs"(」とする。

Vimには文字列塊(1単語、1段落など)を1つの単位として扱えるtext objectと呼ばれる機能が在るが、その特殊な拡張である。

記号の他、HTMLの要素(タグ)にも対応している。当blogでは、記事中の文章を出来るだけHTMLでマークアップする事を心がけており、原稿をただのテキストとして入力した後、このpluginの力を使ってマークアップを行っている。

:NeoBundleコマンド

:NeoBundle 'kana/vim-surround'

今年の残り日数に合わせ10個に絞ったが、正直まだまだ沢山のpluginにお世話になっている。
また、Vimを使う出来るだけ多くの人に役立つように、特定用途(具体的にはプログラミング)にのみ特化したpluginは候補から省いた。それでもややプログラミング用途に寄っている気はするが……

使っている全てのpluginに「今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いします。」という感謝を。
さて、来年はどんな素晴らしいVim pluginとの出会いがあるのかなぁ?

posted by 天井冴太 at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2012年12月11日

現在の自分のVimperator周辺環境

Vimperator Advent Calendar 2012の10日目ですよ。2周目突入。caisuiさんからバトンタッチ(ifやっぱり欲しいよね)。

さて何を書こうかと思案している内に風邪にやられてしまい、あまり頭が働かなくなってしまった。ので、今回はちょっとした小ネタで。


retletさんの記事りすぺくと。私の現在のVimperator周辺環境をまとめる。

Firefoxアドオン

  • Add-on Compatibility Reporter
  • checkCompatibility
  • Clearly
  • Download Statusbar
  • eCleaner
  • Greasemonkey
  • Growl/GNTP
  • Hatena Bookmark
  • KeySharky
  • LastPass
  • NoScript
  • PDF Viewer
  • Tab Utilities
  • Titlebar Text
  • Tombloo
  • Vacuum Places Improved
  • Vimperator
  • XUL/Migemo

ckeckCompatibilityでバージョンチェックを無効化し、それによってXUL/Migemoを使っている。といっても、XUL/MigemoはHatena Bookmarkでのタグ補完にしか使ってないのだが。

Tab Utilitiesはタブの多段表示の為だけに入れている。以前は、タブを閉じた時に直前に見ていたタブに移動する為にも使っていたが、今はVimperator自体でまかなえてる(:bd -select=)。

Greasemoneky Script

  • Amazon.co.jp - Bookmeter Link Adder
  • bookmeter-multi-add
  • Display Remember The Milk Smart-Add symbols reference
  • Hatena::Star Highlight Quoted
  • ldr_relative_rate
  • No focus textarea for Seesaa blog
  • Skip Redirector
  • SuperTumblr

半分が自作……

Vimperatorの:javascriptでないのは、もし仮に、将来Vimperatorとサヨナラするような事態が起きたとしても、ダメージを最小限に抑える為。

.vimperatorrc

(メインがWindows環境なので)_vimperatorrcと、それから呼び出す~/vimperator/fenc.vimp、~/vimperator/hinttags.vimpの3ファイルに分かれている。

fenc.vimpは、どうしても文字化けするページの文字コードを直接指定する為に、
hinttags.vimpには、各webサイト毎の'hinttags'や'extendedhinttags'設定の為に使用している。このファイルは結構ごちゃごちゃしているので、なんとか出来ないか思案中。

Vimperatorプラグイン

以下、~/vimperatorからの相対パスで記す。

  • plugin/_libly.js
  • plugin/appendAnchor.js
  • plugin/command-stats.js
  • plugin/copy.js
  • plugin/feedSomeKeys_3.js
  • plugin/gmail-commando.js
  • plugin/hints-ext.js
  • plugin/prompt-text-style.vimp
  • plugin/reloadimage.js
  • plugin/scroll_div.js
  • plugin/x-hint.js
  • plugin/xpath_hint.js
  • plugin/style/github-fix-misalign-line-numbers.vimp
  • heavy/plugin/auto-focus-frame.js
  • heavy/plugin/autoreload.2.js
  • heavy/plugin/feeder.js
  • heavy/plugin/google-plus-commando.js
  • heavy/plugin/hbsupporter.vimp
  • heavy/plugin/hint-tombloo.js
  • heavy/plugin/multi_requester.js
  • heavy/plugin/PDF.js.js
  • heavy/plugin/refcontrol.js
  • heavy/plugin/slideshare.js
  • heavy/plugin/stella.js
  • heavy/plugin/style/gmail-attackment-icons.vimp
  • heavy/plugin/style/livedoor-reader-change-rate-interface-to-dropdown-menu.vimp
  • heavy/plugin/style/remember-the-milk-display-keyboard-shortcuts.vimp
  • heavy/plugin/style/tumblr-a-smart-dashboard-is_mine.vimp
  • heavy/plugin/style/tumblr-show-permalink-everytime-by-dashboard.vimp

意外と多いな―。

.vimperatorrc内で'runtimepath'弄って、環境によって読むプラグインを変えている。pluginディレクトリ下が共通して読む物。heavy/pluginディレクトリ下がマシンリソースが貧弱なネットブックでは読まない物。

各styleディレクトリ下は特定ページのスタイルを(偶に関連するスクリプトも)弄る物。殆どStylish用ユーザースタイルシートの移植。


稀にvimrc読書会に参加するのだが、意外と人の設定ファイルというものは参考になる訳で。私の.vimperatorrcの内容が、少しでも他人の役に立つのなら幸いである。

という訳で、Vimperator Advent Calendar 2012の10日目でした。あと10日以内にアップ出来ないでごめんなさいごめんなさい!

posted by 天井冴太 at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2012年12月01日

Firefox使いなのにVimperatorを導入していない?そんな馬鹿な!

どうも、Vimperator Advent Calendar 2012主催の天井冴太です。1日目です。

さて何を書こうかとしばらく思案しましたが、VimperatorのAdvent Calendarは私が知る限りでは初めてだという事で、ならばやはり最初は紹介記事にするべきだろうと思い立った次第です。

タイトルは、過去大量のはてブを獲得していた【PC作業効率化】Firefox使いなのにkeyconfigアドオンを導入していない?そんな馬鹿な! | 世界をぐるりとBusideaパクりオマージュです。

『【PC作業効率化】Firefox使いなのにVimperatorアドオンを導入していない?そんな馬鹿な!』というエントリを後で書……かない。

なんてはてブのコメントで書いたネタの実現ですね。3年越しの。

それでは、以下少々長くなりますが、是非ともお目を通して頂きたく思います。

続きを読む
posted by 天井冴太 at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2012年10月26日

WindowsのキーボードショートカットWindows+Bは「デスクトップを表示」じゃないよ & その他ツッコミ (TB: Windows 8の文句を言う前に使ってほしい“ソープへ行け”級ショートカットキー4つ - あのに・すなる)

Windows 8の文句を言う前に使ってほしい“ソープへ行け”級ショートカットキー4つ - あのに・すなる

ちょっと、あんまりだったのでツッコミを入れる。

Windows+Bは「デスクトップを表示」ではない

■起動直後はまず「Win+B」でデスクトップを出せ

さて起動時。従来の操作に慣れたユーザーは、「まずはデスクトップ画面を表示してほしい」と思うはずだ。

((略))

そこでWin+Bキー([Windows]キーを押しながら[B]キー)を押してくれ。これだけでデスクトップ画面が表示される。((略))

なお、Win+Dキーに慣れている人は、それを使ってもいい。

正確には両者は異なる。

Windows+Bは、通知領域(Windows XP以前では"タスクトレイ"と呼んでいた場所)へフォーカスを移すショートカットキーであり、デスクトップを表示するのはWindows+Dである。
その証拠に、Windows+B押下時は、デスクトップ右下、タスクバー右側の上向き三角形が選択されている状態になる筈だ。この状態でSpaceキーを押せば、省略されている通知アイコンの一覧を表示出来、キーを押すと、その横の各種通知アイコンに対する操作が可能だ。

勿論、通知領域はデスクトップ上に在るため、Windows+Bでもデスクトップを表示させることは出来るが。しかしそちらより"desktop"の頭文字が使われているWindows+Dの方が憶えやすいだろう。

なお、Windows+Bは、少なくともXPの時から存在している。

スタート画面を活用しよう

次に従来ユーザーが迷いやすいのが、アプリを起動するとき。スタート画面はWindowsストアからダウンロードされたアプリが優先されるため、デスクトップ画面のアプリは二の次であるからだ。

((略))

そこで、この画面は使わなくていい。黙ってWin+Qキーを押すのだ。これで「アプリ」画面が表示される。表示した次の瞬間から、右端の検索欄にカーソルがあるので、キーボードから文字を入力するとメニュー検索が可能だ。

えぇ!? それをすてるなんてとんでもない!

確かにWindows+Qで、インストールされているアプリの検索が可能だ(なお、ただ単純に一覧を表示したいだけならば、スタート画面上でCtrl+Tab)。でもちょっと考えて。わざわざ1つアプリを起動するためだけに、毎回次の操作をするつもり?

  1. Windowsキーを押しながらQキーを押し、
  2. アプリ名に依ってIMEのオンオフを切り替えて、
  3. 絞り込みのために、目当てのアプリが見つかるまで文字をタイプし、
  4. タイプし……
  5. タイプし…………
  6. タイプし………………(あ、やっと見つかった!)
  7. それを選択してする為に今度は矢印キーを(更に複数回!)タイプするか、(態々マウスに手を伸ばして!)マウスカーソルを合わせた上で、
  8. Enterキー、或いはマウスの左ボタンを押してアプリを起動

そんな面倒くさい!!

スタート画面は「よく使うアプリ格納ドック」

スタート画面は、今までのWindowsでの、「デスクトップ(に置いたアプリのショートカット)」と「(Windows XPに在った)スタートメニュー上のよく使うアプリ一覧」、「(Windows 7の)タスクバーへのアプリのピン留め」を足し合わせ、更に各アプリからの通知を表示可能にしたものだ。

よく使うアプリを、デスクトップにショートカットを置いたように、(Windows 7の)タスクバーにピン留めしたように、スタート画面は、利用者がよく使うアプリのタイルを配置して使う物なのだ。

スタート画面のカスタマイズ

Ctrl+TabWindows+Qからアプリを探すのは、Windows 8がまだあなたの事を知らない初期利用時、及び「何時もとは異なる作業をする」という状況で使う物だろう。

ではスタート画面に手を加えよう。デフォルトで表示されているのは、Windows 8で新たに追加されたスタイルのアプリばかりだが、旧来からのアプリのパネルも置く事が出来る。

スタート画面へのパネルの追加は以下の手順で可能だ。ここでは例えば「メモ帳」のパネルをスタート画面に追加してみる。

  1. Ctrl+TabWindows+Qから目当てのアプリを探し、
  2. マウスカーソルを合わせ右クリック、或いは矢印キーでカーソルを合わせSpaceキーかアプリケーションキーを押し、
  3. 画面下部に表示されるメニューから"スタート画面にピン留めする"を選ぶ。

スタート画面の1番右に、メモ帳のパネルが追加されていることが確認出来る筈だ。

スタート画面からパネルを削除するには以下のようにする。ここでは仮に、(デフォルトではスタート画面の一番先頭に表示されている)「メール」のパネルを消してみる。

  1. 対象のパネルに、マウスカーソルを合わせ右クリック、或いはキーボードの方向キーで選択してSpaceキーかアプリケーションキーを押し、
  2. 画面下部に現れたメニューから"スタート画面からピン留めを外す"を押す。

「メール」パネルを消すことが出来た!

更に、パネルはマウスのドラッグアンドドロップ、キーボードの矢印キーで選択後にAlt+Shift+矢印を押すことで移動させることも出来る。

これらで自らの好みの配置にした方が、Windows+Qからの選択より余程使いやすいはずだ。

通知領域としてのスタート画面

忘れてはいけないのは、通知領域としてのスタート画面の役割だろう。

例えば「メール」アプリは未読メール件数とそのタイトルを教えてくれるし、「ニュース」はその時点で取得したニュースの見出しを1つずつ表示してくれる。「天気」パネルはその日の天気を簡単に知る事が出来る。これら通知機能を持つパネルを配しておけば、それらの最新情報を容易に取得することが出来るだろう。

このスタート画面に配したパネルの通知機能は、Ctrl+Tabアプリ一覧、Windows+Qの検索チャームでは利用することは出来ない。

シャットダウンはCtrl+Alt+Delでも

これはツッコミというか、ただの補足。

Windows 8のヘルプに拠ると、設定チャームを表示せずとも、Ctrl+Alt+Delでの表示からでもコンピュータのシャットダウンは可能だ(もっとも、仮想マシン(Oracle VM VirtualBox)上で動かしているためか、筆者の環境では確認が取れなかった)。

なお、シャットダウンが手軽に出来ないようになっているのは、Windows Vista時からの「スリープモードを活用して欲しい」という方針を更に薦めた結果ではないかと思う。例えばタブレットPCのような、わざわざ電源をオンオフする事のない利用法を、通常のPCにも提案しているのではないだろうか。

Windows 8 スタイルアプリをキーボードで操作したいならば

やや蛇足気味となるが、Windows+Zというキーボードショートカットを憶えておいて損はない。

今回新たに導入された新しいUIのWindows 8 スタイルアプリ。一見、タッチディスプレイ、或いはマウスでの操作しか考えられていないように見えるが、一応キーボードでも操作する事が出来る。

ボタンなど各インターフェイスはTabキーでフォーカスを移すことが出来るようになっているし、Alt+Alt+でwebブラウザのように表示履歴を進んだり戻ったり出来る。

更に、Windows+Zで、そのアプリのコマンド、オプションを表示させることが出来る。

タッチでも、マウスでもキーボードでも

Windows 8 のユーザー エクスペリエンスの作成 - Building Windows 8 - Site Home - MSDN Blogsには次のように述べられている。

"マウス + キーボード" とタッチのどちらかをユーザーに選んでもらうというアプローチも考えられましたが、私たちはその誘惑をはねつけました。デスクトップ アプリの要素では、マウスとキーボードの両方が前提となっていることがほとんどです。私たちがデスクトップのタッチ エクスペリエンスをどれほど強化しても、この前提を覆すことはできず、既存のアプリ インターフェイスに組み込まれている動作を変えることもできません (なんといっても、これらのプログラムの多くは 10 年以上も前から既に市場に出回っているのです)。

ただし、デスクトップではマウスとキーボードの補助としてタッチが役に立つと思います。過去の例を考えると、新しい入力方式はユーザーが最適な使い方を覚えるにつれてシームレスに統合されていくものです。たとえば、コンテキスト メニュー、キーボード ショートカット、ツール バー、メニューはすべて同じことを達成する手段ですが、ユーザーはそれぞれ自分に一番合った方法を選んでいます。

((略))

Windows 8 のデザインは、キーボード搭載のノート PC でも、外付けのキーボード (有線または無線) を接続できるタブレットでも、その中間的なものでも、自分の希望に沿った PC を持ちたいというユーザーの要望を考慮に入れています。タッチはあらゆるフォーム ファクターで機能し、どの入力方式をいつ使うかはユーザーの自由です。これが "Windows 8 は妥協のないエクスペリエンスを提供する" ということです。

勿論、不満点は残る。が、Windows 8はキーボード、マウス、そしてタッチ操作すべてを考慮しデザインされている。山のようなキーボードショートカットの存在がそれを裏付けている(Windows 8に在るキーボードショートカットを知りたければ、Windows 8 のキーボードショートカットについて調べたをどうぞ)。引用部分に在るように、キーボード、マウス、そしてタッチ操作から、それぞれがそれぞれに合った操作を組み合わせて操作すればいいのではないだろうか。

posted by 天井冴太 at 22:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。