2011年10月26日

Firefoxでアドオンの自動更新をオフにする方法

Greasemonkeyの自動更新をオフにする時にちょっと迷った。おかしいなー確か出来た筈なのになーどうやるんだったかなーと、3分ぐらい悩んだ。

現在のFirefoxは、アドオンの自動更新に対応している。わざわざ確認せずに済み便利なのだが、何らかの理由で古いバージョンの物を使いたい場合など、稀に更新されると困る事もある。

幸い、Firefoxにはそれを無効にする手段が用意されている。

全てのアドオンの自動更新をオフにするには

[Firefoxアドオンマネージャ、歯車ボタンメニューのキャプチャ]先ずはアドオンマネージャを開く。"ツール"→"アドオン"メニューから開く事が出来る。Vimperatorならば:addons或いは:dialog addonsか。右上の歯車アイコンのボタンを開き、表示されるメニュー内の"アドオンを自動的に更新"をクリックし、チェックを外す。

特定のアドオンの自動更新をオフにするには

[Firefoxアドオンマネージャ、詳細表示のキャプチャ]アドオンマネージャの"拡張機能"タブ(上から2つめの、緑色のパズルピースアイコン)から自動更新をオフにしたい拡張を選ぶ。その"詳細"リンクをクリックし、図のようなページを表示する。"自動更新"行の"オフ"チェックボックスをオンにすれば(ややこしい説明だ)、以降自動更新の対象から外す事が出来る。

タグ:Firefox tips
posted by 天井冴太 at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄右下をドラッグ&ドロップすると、コメント欄の拡大縮小が出来ます。
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック