2010年12月04日

マウスの使いすぎで右肩破滅

しました。
マウス使ってるとだんだんだんだん右肩に何とも言えない激痛が走り出し、最終的には右肩抱えてしばらく蹲っとかないといけない程のものに。
犯人は確実に、最近没頭してたFacebookのソーシャルゲーム。100%マウス操作。

実は、右肩破滅したのは2度目で、最初は仕事で使ってたソフトが犯人だった。その時はあまりの痛さに「あ、もう2度と右手が使えなくなるんだな」と思った。冗談でなく。

以降、テキストエディタはVimを、ブラウザはFirefoxVimperator拡張を、ランチャはコマンドラインランチャであるbluewindを、ショートカットキーを極力憶える、ショートカットキーが無いソフトは在るソフトに入れ替える、という風に、極力マウスを使わないで済むようにPC環境を整えてきた。

しかし、『どうしてもキーボード操作が出来ない』という部分は残ってしまって、例えばそれはFlashだったりする。非Flashなwebページでも、リンクやボタンをa要素やinput要素などで作っていないサイトがごろごろしている。死ねばいいのに。

これはイカンという事で、KeyMouserというキーボードでマウスカーソルを操作出来るようにするソフトを導入したが、これがまぁ使いづらい。いや、このソフトが悪いという訳ではなく、本来想定されている以外の操作方法でマウスカーソルを動かしているのが原因なのだろうが……どうにかならんものか。

仕事で使ってたソフト
キーボード操作?何それ美味しいの?な、操作法の……
posted by 天井冴太 at 03:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄右下をドラッグ&ドロップすると、コメント欄の拡大縮小が出来ます。
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック