2021年04月21日

筆を取れ。物を書け。情報を流通させろ!

現代は高度情報化社会である。インターネットである。眼の前のパソコンから、或いは、手元のスマートフォンからネットを介して検索すれば、大体の情報は得られる時代である。なんなら、「情報の飽食の時代」と言ってもいいだろう。

そんな時代にあって、次のような主張を展開する者も居る。曰く「低レベルな情報は、この世に必要ない」「その情報は既に巷に溢れているので、これ以上書いてはいけない」「高レベルな情報が書けないのであれば、アウトプットをするべきではない」……しかし、そんなのはウソっぱちである。たとえ拙くとも、どんどんとアウトプットをするべきだ。そんな主張を展開する奴は、自分が摂取する情報の取捨選択も出来ない、物を知らないクソザコナメクジなので、相手をする必要はない。

何故か。先ず、当たり前の事ではあるが、貴方には表現の自由が在る。日本国憲法で保証されてさえもいる。何人たりとも、表現の自由を侵害する事は出来ないのである。

次に注目すべきは、「最初から上手く出来る人間はいない」という事実である。皆、下手くそから成長して、上手くなっていく。これは情報のアウトプットについても同じだ。下手っぴはアウトプットするな?チラシの裏にでも書いてろ?それは、人の成長を否定し、ひいては将来生まれる筈だった高度な情報を抹殺しようという言説である。そう主張する者は、技術発展を拒む「人類の敵」との誹りを受けても仕方がない。

更に、情報は在れば在る程よいのである。此処で試しに、ちょっと大きめの本屋に行ってみて欲しい。技術書や解説書、入門書の類の棚を覗いてみよう。同じ事に関する書籍が何冊も在るだろう。なぜ何種類も在るのかは、中身を見比べてみれば分かる筈だ。そう、喩え同じ事について論じていても、その説明の仕方は皆異なる。書いた人間の数だけ、別の説明が生まれる。ある説明で理解できなかった物事でも、別の説明で理解できるようになるというのはザラだ。説明のパターンが多ければ多い程、物事を理解できる人間の数は増えるのだ。コピー――つまり「パクリ」――でない限り、情報量に「多すぎる」という事はありえないのだ。

さあ、恐るるな、筆を取れ。物を書け。情報を流通させろ!成長と発展は、その先にこそ存在する。

何人なりとも、表現の自由を侵害する事は出来ない
勿論、そうは言っても、誤情報を広めたり、誰かの尊厳や名誉を傷つけるものはNGである。此処で論じているのは情報の質と量に関してなので、これらについては取り扱わない。
ラベル:Information writing
posted by 天井冴太 at 21:48| Comment(0) | 日々雑感 | 更新情報をチェックする

2021年03月11日

block-logout-from-jobcan.user.js――ジョブカンからのタイムアウトに因るログアウトを防ぐ Greasemonkey script

今の勤務先は出退勤をジョブカンというwebサービスで管理しているのだが、このwebサービスは、30分間の無操作で自動的にログアウトさせられる。ジョブカンを確認しようと思ったら何時の間にかログアウトさせられていたという体験が頻出し、イラッと来たのでサッと作ってしまった。反省はしていない。

AmaiSaeta/block-logout-from-jobcan.user.js: ジョブカンからのタイムアウトに因るログアウトを阻止する Greasemonkey script。

Greasemonkeyアドオンをインストール済みであれば、上記ページからblock-logout-from-jobcan.user.jsを選択して、「Raw」ボタンを押せばスクリプトのインストール用ダイアログウィンドウが開く筈。

例によって Firefox + Greasemonkey の環境でしか動作確認していない。他の環境で動くかどうかは不明。

ジョブカンを開いているFirefoxのウィンドウ、或いはタブがインアクティブである場合に、29分50秒毎にページを再読込する事でログアウトを防いでいる。ジョブカンを開いているウィンドウとタブがアクティブである間は再読込を行わないので、その場合はタイムアウトでログアウトしてしまう。閲覧中に再読込が走るとウザイのでこうしているが、これは即ちログアウトを完全には防げていない事になるので、何か対策を取りたい所。いいアイディアが有ったら教えてください。

posted by 天井冴太 at 12:00| Comment(0) | 自作ソフト | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

フリーミアムモデルは死ぬのかもしれない

行き詰まるフリーミアム

昨年後半から、無料で提供されていたwebサービスの内容が縮小されるというニュースが目に付くようになってきた。

Googleという巨人が流れに乗っている以上、この流れは、もっと他のwebサービスにも波及する可能性が高いだろう。「webサービスは無料」が見に染みているユーザーにとっては冬の時代の到来である。

「基本機能は無料で提供し、+αを求めるユーザーには課金を求める」という展開方法をフリーミアムモデルという。ソフトウェアのような、提供に関わるコストが極低い場合に有効とされてきた手段だ。webサービスやスマホ用アプリでは御馴染みとなっている。

昨今の無料提供プランの「締め付け」、もしかしたら、フリーミアムモデルが行き詰まっているという事なのではないか。フリーミアムモデルが広まりすぎてしまい、我々サービスを受ける側が、それに慣れすぎてしまった。「当たり前」と捉え、有り難みを感じなくなってしまい、フリーミアムモデルの効果が果てしなく軽くなってしまっているのではないか。嘘か真か「有料であれば、どれほど優れたソフトウェアであろうと最低の評価を付ける」という人も居るという。

そもそも「無料」でサービスや物の提供を受けられているというのは、本来おかしな話である。何かを提供する側には、それについてのコストが発生している訳で、そのコストを上回る利益が回収できないようでは、サービスや物を提供する意味はサッパリ無いのだ。「タダ働きして」と言われて「はい分かりました」と答える奴は居ない。

これからのフリーミアム
ラベル:business web
posted by 天井冴太 at 00:04| Comment(0) | IT的つれづれ | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

災害情報収集用のチャンネルを用意しよう(福岡県の「防災メール・まもるくん」の紹介)

7月に入ってからの豪雨で、日本各地で被害が出ている。特に九州南部が目立つが、遠く岐阜や長野にも被害が出ている。被災された方にはお見舞いを申し上げたい。私の住む地域では目立った被害は出ていないが、大きな被害を被った地域の中には、多少、縁の有る地域も含まれており、心配である。

さて、このような自然災害を始めとした非常事態において、最も重視すべき情報とは、どういう物だろうか。それは、公的な機関の発する情報である。正しい情報である可能性が最も高い為だ。各種の注意報や警報、避難に関する情報、災害発生の有無や、その場所の情報。出勤中であれば、帰宅難民とならないよう公共交通機関の運行情報も重要となるだろう。自分が何時、そのような状態に陥るかは予測が出来ない。そうなってから慌てないよう、問題が無い内から、情報チャンネルを確保しておく必要が在る。

私の住む福岡県では「防災メール・まもるくん」という物が提供されている。県内で発令中の警報や注意報、発生している自然災害についての各種情報、JRの運行情報、行方不明者情報、その他様々な幅広い情報をメールで通知してくれる。熱中症情報や花粉についての情報も提供してくれるので、「防災」と銘打ってはいるが、平時も役に立つ物となっている。幸いにして、私は未だ利用する機会に直面した事はないが、事前に登録しておいたメールアドレスに安否情報を一斉送信したり、避難場所迄の道順を案内してもらう事も出来るらしい。「どの地域」の「何の情報」が必要かは設定できるので、興味がない情報に煩わされる事もないだろう。詳しくは公式サイトを参照して欲しい。

[防災メール・まもるくんのトップページ]「防災メール・まもるくん」の一番の特徴、それは、公式サイトにアクセスすると、「お役所」らしからぬ、何やら可愛らしいケモノなキャラクターが迎えてくれるところである。ケモナー大歓喜。福岡のゲーム開発会社CyberConnect2がキャラクターデザインを手掛けており、同社の開発したゲームと世界観を同じくしている。詳しくは、同社の「リトルテイルブロンクス構想」のページを参照されたい。残念な事に送られてくるメール自体は、「お役所」らしいシンプルなメールで、この可愛いキャラクターは影も姿も見せない。勿体無い。是非とも改修を期待したいところである。

私が福岡県在住である為、福岡県のサービスについて紹介したが、他の都道府県でも同様のサービスが提供されている可能性は高い。非常時になってから困らないように、今の内に利用登録をしておく事を勧める。今回、特に被害が大きかった熊本の球磨川流域では、川が氾濫し地域が水に浸かる迄に、ものの10分程度しかなかったと聞く。それはまぁ極端な例としても、非常時に不正確な情報に右往左往する余裕は無いだろう。正確な情報の入手は、正に自身の命運を左右する事も有り得るのである。

ラベル:fukuoka Email web disaster
posted by 天井冴太 at 22:26| Comment(0) | IT的つれづれ | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

amazon-bookmeter-link-adder.user.js ver2.00.20190715 リリース

amazon-bookmeter-link-adder.user.js ―― Amazon.co.jpの商品ページに読書メーターの該当書籍ページへのリンクを追加するGreasemonkey script を更新した。

amazon-bookmeter-link-adder/amazon-bookmeter-link-adder.user.js at 1.04.20160925 · AmaiSaeta/amazon-bookmeter-link-adder

Greasemonkeyを導入したFirefoxで、上記リンク先の「Raw」ボタンを押すとインストール(あるいはアップデート)される。

更新内容

  • Amazon.co.jpの各商品ページの仕様変更に対応。
  • 読書メーターのURLを新しい物に更新。
posted by 天井冴太 at 02:16| Comment(0) | 自作ソフト/最新更新情報 | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

「退位礼正殿の儀」や「剣璽等承継の儀」で、天皇陛下の付近に在った品は何だったのか(神器だと数が合わないし?)

「天皇」の生前退位、そして即位

天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が制定、施行され、平成31年(2019年)4月30日に明仁天皇が退位、翌日の5月1日に徳仁天皇が即位した。

そして、それに伴い、元号は「平成」から「令和」に変わった。

情報化社会万歳

ところで、この退位と即位に関する皇室儀礼の内、「退位礼正殿の儀」「剣璽けんじ等承継の儀」「即位後朝見の儀」はYoutubeの首相官邸チャンネルにてライブ中継が行われた。また、それぞれの映像は、現在も動画として公開されている。つまり、テレビに頼らざるとも、何の編集も行われていない映像を、何時でも好きな時に確認できるという事になる。正に情報化社会の素晴らしさである。

儀礼中、安置されている物品は何だろう?

さて、「退位礼正殿の儀」と「剣璽等承継の儀」において、その間中、場に安置されている(「剣璽等承継の儀」の場合、「安置」という表現は正しくないだろうが)包みが在った。細長い直方体の物、平たい直方体の物、そして小さな立方体の物が2つ。これは一体なんだろうかと疑問に思った。普通に考えると「三種の神器」なのだが、そうだとすると数が合わない。
退位礼正殿の儀を例に挙げると、画面手前側(明仁天皇陛下の左手側)に細長い直方体の包み、画面奥側(陛下の右手側)に平たい直方体の包みと、2つの小さな立方体の包みが確認できる。

調べた所、これは「草薙剣」「八尺瓊勾玉」そして「国璽こくじ」と「御璽ぎょじ」との事だった。前者2つと合わせて三種の神器となる「八咫鏡」は宮中の賢所内に祀られており、このような儀礼の場には出てこないという。

「国璽」と「御璽」というのは、恥ずかしながら何かを知らなかったが、これらは、平たく言うと印鑑であるとの事。「国璽」は国家の象徴として用いる印、「御璽」は国事行為で発せられる書類に押される印らしい。

道理で、要所要所での扱い方が、草薙剣、八尺瓊勾玉と異なる訳だ。
例えば剣璽等承継の儀の場合、天皇陛下が退出される際は、剣→陛下→勾玉の順で退出されるが、国璽と御璽は、その場に残されている(画面右下)。

posted by 天井冴太 at 18:59| Comment(2) | ニュース的つれづれ | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

「シリアスゲーム」よりも「シリアスをシステムに含めたカジュアルゲーム」の方が役に立つのかもしれない

夜中の地震で停電になって、取り敢えず暗闇の中を学校まで避難しようとしてた時に頭の中にあったイメージは「絶体絶命都市」でした。あのゲームの経験がなかったら、自転車用のライト外して胸元に下げて照明を固定したり、妻のバッグに後方用の赤点滅を括りつけたりはしなかった。

「絶体絶命都市」は不謹慎なゲームなんかじゃないと思う。むしろあのゲームで「日常が非日常に変わった体験」をしてたからこそ、いざ現実がそうなった時に冷静に対処するだけの余裕を持てたんじゃないかと思う。

「あー、シリアスゲームって奴ね」で流しそうになったが、どうも、「絶体絶命都市」は所謂シリアスゲームとは異なっている様に思える。

シリアスゲームは、それによって知識を得る事を主目的とする。だが、「絶体絶命都市」は、あくまでゲームを面白くする要素の一つとして、リアリティを利用しているように見える。「絶体絶命都市」自体はカジュアルゲームの範疇に思える。

シリアスゲームかどうかで何が違ってくるかというと、プレイヤー層が異なっているのではないかと思う。シリアスゲームの目的は、それによって何らかの知識を得る事であるというのは、ゲームの提供側もプレイヤー側も承知している筈だ。つまり、シリアスゲームのプレイヤーは、それが提供する情報を得ようという強い動機を持っている、限られた人間という事になる。

しかし、カジュアルゲームだとそうはならない。あくまで娯楽としてゲームを楽しもうとしている人間がプレイヤーとなる筈だ。気負う必要が無いので、カジュアルゲームがリーチ出来る人数は、シリアスゲームを超える。もし、カジュアルゲームでありながら、シリアスゲームが提供する知識と同等の物(今回の例で言えば、災害時に個人がとれる有効な対処法の知識)をプレイヤーにもたらす事が出来るのならば、それはとても素晴らしい事だ。特に、今回の例のような、「多くの人間が知っているべきだが、それを学ぶ機会が無い(学ぶチャンスは有っても、重要性が実感されにくく、結果的に学習されない)」というタイプの物事にとっては。

……なんて事を、最初に挙げたtogetterのまとめを読んで考えた。こういった、言わば「カジュアルゲームの革を被ったシリアスゲーム」が有効なのは、他にどんな物事に対してだろう。追求してみると面白いかもしれない。

……いやまぁ、実は「絶体絶命都市」シリーズやった事ないで書いてるんだけどね。

ラベル:game education serious
posted by 天井冴太 at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム的つれづれ | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

Windows 10 でDVDが再生できなくて驚いた

ある DVD video メディアを、 Windows 10 搭載のPCに繋いだDVDドライブに入れた。WindowsではDVDやCDは自動再生する物なので、勝手に再生が始まるかと思っていたら、ストアアプリで再生用アプリを探すか確認するウィンドウが表示されて驚いた。ウィンドウには「DVDムービーに対して行う操作を選んでください。」という指示と、「新しいDVDアプリを検索」「何もしない」という選択肢が表示されている。 Windows XP の頃は、特に何もしなくても、 Windows Media Player で再生されたと記憶していたのだが……

ストアアプリで探してみると、MS謹製のDVD再生アプリが在る。ただし有料(1500円)。

なるほど、ここでピンと来た。DVDの再生にはライセンスの締結が必要で、それには高いライセンス料が必要だった筈だ。「 Windows XP の時にはDVDが再生できた」というのは、その頃はWindows開発元のMSがライセンス料を払っていたという事。欧米では映像の流通媒体として物理メディアは絶滅危惧種だというし、日本人の私だってDVDで映像を観る事は極稀。ライセンス料はWindowsの代金にも影響を与える訳で、MSがWindowsの標準状態でのDVD再生サポートを止めたとしても、何ら不思議ではない。

ちょっと驚いたけどね。

とはいえ、「極稀」とはいえDVDを再生したい事は有る訳で、今から見るつもりだった、このDVDをどうしようかという話になる。先に挙げたMS製アプリを購入するのが一番確実なんだろうが、今後どれだけ在るか分からないDVD再生の機会の為に1500円も払うのは抵抗が有る。

調べてみると、 VLC media player でDVDを再生させる事が出来るという。

VideoLANのサイトから 「VLC for Windows」のインストーラをダウンロードし……

インストーラを実行してインストールして……

VLC media player を実行し、「メディア」メニューの「ディスクを開く」から再生できた。

一つ注意点。Windows用のVLCには 「VLC for Windows Store」 という別バージョンも存在する。先の 「VLC for Windows」 が従来のデスクトップアプリなのに対し、こちらは Windows 8 以降用のModernなアプリ。ただし、こちらは(この記事執筆時点の最新版であるバージョン1.8.5では)DVDの再生に対応していない。アプリストアで入手できるのはこちら。こいつがDVD再生に対応すれば便利なんだけどね。

DVDの再生にはライセンスの締結が必要
正確には、ディスクに書かれたデータを解釈する「MPEG-2」という規格についてのライセンス。
ラベル:Windows Windows_10 DVD VLC
posted by 天井冴太 at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | IT的つれづれ | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

2015年1月29日分のブックマーク棚卸し

ブックマーク棚卸しとは、天井冴太が1年前にブックマークしたwebページを見返し、再び紹介したいページをリストアップする企画である。

厚労省、夜10時以降の職員残業を禁止 10月から  :日本経済新聞
そういや、これって機能してるのかな……
ラベル:web history
posted by 天井冴太 at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク棚卸し | 更新情報をチェックする